鉄道模型工作日記


by takedon2000

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
C53再生プロジェクト
京急2100系製作
東武50070系製作
営団6000系製作
模型の収納
トワイライト入場
もみじ色
コンテナ関係
DCCの話
新車の整備(機関車編)
その他
マニ44(モデルアイコン)制作
C51燕牽引機制作
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

鉄ヲタのパパの部屋!!
鉄道模型を楽しむページ
急行越前の鉄の話
スハの会運転会ブログ

最新の記事

C51の制作 その5 (空制..
at 2017-09-12 00:10
C51の制作 その4
at 2017-09-03 18:07
C51の制作 その3
at 2017-09-03 17:09
C51の制作 その2
at 2017-06-19 21:56
C51の制作 その1
at 2017-05-31 22:33

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧

C51の制作 その4

続いてキャブの制作に入ります。今回はキャブが分解できるようにしてみようと思います。
だからと言ってキャブ内をメチャクチャ精密仕上げするわけではないのですが....
試しという事で

まずは普通に付属品を付けていきます。

天窓類はマスキングテープで正確な位置を出してから半田付けします。
a0234427_17260413.jpg
雨樋は、キャブ自体にエッチングで位置出し出来るようになっているので楽ですね。

a0234427_17262291.jpg
さて、吊環ですが、C51の写真を見ると色々なタイプが有ることが分かりました。
そこで古典機っぽく見えるエコーのNo,1073キャブ吊環(C)とすることにしました。

穴位置ですが写真の最大公約数的な位置としました。
マジック+罫書で位置出ししてます。

a0234427_17263076.jpg
さて、穴開けですが最近はもう目が辛いので、拡大機を使ってます。
どんな風にやっているのか写真取れないかなぁ~と思って試しましたが「こんな感じでやってる~」って写真取れましたので
載せておきます。 若い人には必要ない情報です。(笑)

a0234427_17264072.jpg
後は,後妻板と、ネジ止め固定用にアングルを半田付けすれば形になります。



a0234427_17265240.jpg
a0234427_17265848.jpg
C51には、後妻板の後ろに渡り板がつくのですがこれは後程付ける事とします。

次にランボードとキャブ床板を取り付けていきます。
まずは、ランボードですが、大正機なのでランボードが分割されてます。合計10枚20部品半田付けです。

a0234427_17473812.jpg
まずはシリンダー等を組み立ててガラスの上に乗っけてみます。 大体水平は取れていると思います。

a0234427_17480927.jpg
いまいち安定が悪いので(シリンダーが基準面より下なので)ベークの上にのせてみました。
キャブ床板もシリンダーも水平が出てますのでまずは、キャブ前のランボードを半田付けしてみます。

a0234427_17483311.jpg


非公式面も水平出てますね

a0234427_17485114.jpg

後位から見た感じです。 問題なさそうです。

a0234427_17490087.jpg

前位からも問題ないですね。

a0234427_17484674.jpg

という事で2両分一気にランボード取り付けです。
前側のランボードはシリンダーにのせて水平になるように半田付けしてます。

a0234427_17491016.jpg

2台同時に作っているので前後または左右の写真を同時にのせられるのは便利ですね。

次に、キャブ前妻板ですが何か加工してるのですが分かりますか?

a0234427_17492292.jpg
空気作用間の通し穴です。
間違えて4か所開けてしましました。 一つふさがないと....

a0234427_17492913.jpg
尚、このΦ0.25の穴開けより清吉ドリルを導入しました。
作業効率格段に上がりました。 
しかし、その後色々な場所に使おうと思ったのですがなかなかSLに平面が無く出番が来ません。
やっぱり客車等の妻板とかにしか使えないかな?

a0234427_18054046.jpg
今回はここで終了。 次は空気作用管取り付けです。









[PR]
by takedon2000 | 2017-09-03 18:07 | C51燕牽引機制作