鉄道模型工作日記


by takedon2000

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
C53再生プロジェクト
京急2100系製作
東武50070系製作
営団6000系製作
模型の収納
トワイライト入場
もみじ色
コンテナ関係
DCCの話
新車の整備(機関車編)
その他
マニ44(モデルアイコン)制作
C51燕牽引機制作
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

鉄ヲタのパパの部屋!!
鉄道模型を楽しむページ
急行越前の鉄の話
スハの会運転会ブログ

最新の記事

C51の制作 その5 (空制..
at 2017-09-12 00:10
C51の制作 その4
at 2017-09-03 18:07
C51の制作 その3
at 2017-09-03 17:09
C51の制作 その2
at 2017-06-19 21:56
C51の制作 その1
at 2017-05-31 22:33

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

営団6000系製作 その8(ヨーダンパー補正)

最近、同僚が一人辞めてしまい仕事が倍増中でありなかなか取り組めなかった6000系の
ヨーダンパーの高さ調整方法を決めました。
やはり、真鍮板による高さ調整のスペーサーを作る事としました。
材料はやはり”いさみや”でしたね!
t1.0+t0.8の帯板で1.8ミリ補正部品をまたまた40枚×2作りました。

これを半田付けすれば、塗装後にねじ止めできますので組み立てがグンと楽になりますね。

a0234427_22555419.jpg


大きく拡大すると下のようになります。

a0234427_22574392.jpg



細々した部品は、完成したので床板へ半田付けへGO! ですね。
[PR]
by takedon2000 | 2011-11-29 22:59 | 営団6000系製作

営団6000系製作 その7(またもや問題? やっぱり変ですよね)

車体が箱になり、屋根上配管を行おうと思っていたのですが割りピンの在庫がなく仕入れてから行おうと思い、
別のできる事はないかと台車を床板に仮付けしてみました。
FS378はヨーダンパーが別パーツですので位置出しをしようと思って仮付けした所、
「なんかへんだよね~?」という事で、実写写真と見比べてみると、やはりZ方向(上下ですね)が全然合ってません。

a0234427_017962.jpg


写真で見ると一目瞭然です。

a0234427_017279.jpg


ヨーダンパーの先端はやはり軸受けと水平ぐらいが正解高さですよね。
という事でこの補正をするために、床板とダンパーの間に約1.8ミリの補正板を作らなくては
ならなくなりました。 
なんか、しんどいですね。 フツーに作れるキットってないのかな~?



さて、補正板をプラバンで作成か真鍮版で切り出しか悩むところです。 いさみやに相談かな?
[PR]
by takedon2000 | 2011-11-16 00:12 | 営団6000系製作

営団6000系製作 その6(車体ほぼ完成)

イベントが建て込んで進まなかった作業も少しづつやり始めました。

今回は、床板の改造ですが。元々このキットは10連にする事はあまり考えられておらず、先頭車×2、中間車×4を2箱で組み立てるM車用床板が4枚になってしまいます。当然実写編成ともM車の設定が違ってしまいます。

そこで、2両分ばかり床下をT車化しなくてはなりません。
E社等で完成床板は売っておりますが、どうやら板厚も違いますし捨てるのももったいないので付属部品を使って埋めました。

a0234427_725898.jpg


この板は、パワートラック取り付け用と思われ床板とは一段段差をつけるものとなってます。 板厚も同じですしセンターピン穴も開いているので利用します。

a0234427_728597.jpg


穴の大きさに合わせてカットしました。

a0234427_7295370.jpg


a0234427_7331933.jpg


室内側は、帯板で補強しておきます。
周りは半田で埋めてから仕上げると完成です。

a0234427_7341711.jpg


これで妻板と床板すべて終了です。
モーター車はM1の2両 63xxと67xxに搭載予定です。

a0234427_7354343.jpg


次回はパンタ車の屋根上作業をします。
パンタも6000系は7機も付いてますので大変そうですが...
[PR]
by takedon2000 | 2011-11-06 07:40 | 営団6000系製作