鉄道模型工作日記


by takedon2000

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
C53再生プロジェクト
京急2100系製作
東武50070系製作
営団6000系製作
模型の収納
トワイライト入場
もみじ色
コンテナ関係
DCCの話
新車の整備(機関車編)
その他
マニ44(モデルアイコン)制作
C51燕牽引機制作
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

鉄ヲタのパパの部屋!!
鉄道模型を楽しむページ
急行越前の鉄の話
スハの会運転会ブログ

最新の記事

C51の制作 その5 (空制..
at 2017-09-12 00:10
C51の制作 その4
at 2017-09-03 18:07
C51の制作 その3
at 2017-09-03 17:09
C51の制作 その2
at 2017-06-19 21:56
C51の制作 その1
at 2017-05-31 22:33

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧

<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

営団6000系製作 その12(車体塗装)

今回から塗装の事を少し書こうと思います。

私の場合、塗装メニューとしては

1.車体をサンポールで酸洗い
2.クレンザーで汚れ落とし
3.マッハプライマー

までが下地処理としてます。

今回は、車内も仕上げようと思いましたので先ず室内を
ガイヤノーツ223番インテリアカラーで内側を塗装します。

a0234427_2334020.jpg


続いて、内側から窓枠類をすべてマスキングしましたら
ガイヤノーツ072ニュートラルグレーで塗装しました。これはかなり光沢が有るのですが、最終的にはクリヤーで艶は調整するので、基本光沢で塗ってます。

a0234427_237638.jpg


さすがに隠蔽力は期待できないので3度程度の重ね塗りをしました。

次は、問題の車体シルバーですが、営団6000系はアルミ車体の中でもかなり
白めです。 また、車体とドアで色が違いますのでこの差が出つつアルミっぽい色としたい為、車体はガイヤノーツ1001ライトステンレスシルバーと、1002ダークステンレスシルバーを混ぜて使用しました。
配合比率は、ライト 2 : ダーク 1です。
ドア色は、1001ライトそのままで試用することとしました。

我が家のサンプル車体にてテストしましたが一応納得できるレベルだと思います。

a0234427_23135823.jpg


一応便の写真も!

a0234427_23143329.jpg

a0234427_23145337.jpg


また、今回シンナーもT-09というメタリックマスターというものを使用しましたが、これはかなりの優れものです。 編成物を吹いていると、必ず中だるみで、手の動きがおかしくなって塗装溜りを作ってしまうことがあるのですが、このシンナーは塗面が塗れている瞬時にシルバーフレークを塗面に分散してくれるので、失敗になりにくいです。 また、通常のシンナーより発色がいいような気がします。(シルバーフレークが整列する感じでとても良いです。)

じゃーん! 買った甲斐有りです!

a0234427_23193923.jpg


塗装後の写真もUPします。

a0234427_23205055.jpg


続いては、ドア周りの塗装ですが実験で6207車を実験で塗装してみました、後々思うとこのマスキングは地獄のようで10両分マスキングするのに3時間掛かりました。

先ずは、6207のテスト塗装状態です。

a0234427_23232195.jpg


結構いい感じなのであと9両塗装!っと思いきや日曜日の午後より天気が悪く塗装は断念中。早く湿度が低くなるのを待つ事とします。
ちなみに、塗装は室温20℃、湿度50%以下で塗るように心がけてます。
ちなみに本日17℃、59%今日はだめでしょう!
準備状況をUPして本日はお開きという事で!

a0234427_23271100.jpg


次も塗装記事です。
[PR]
by takedon2000 | 2012-04-23 23:28 | 営団6000系製作

営団6000系製作 その11(床下機器の工作)

またまた、連続投稿です。

だったらまとめればいいと思われますが、タイトルが書ききれなかったので分けてみました。

今回は、車体工作の一応の最後とします。 一応の最後と書いたのは、先頭部分のはしご類の工作をまだ行ってないのでいったんとしました。

紺買うの編成では、モーター車は2両としましたのでM1、3両の内1両はトレーラーとなってます。 ある程度見た目が合う様にはしましたがどうでしょうか?

a0234427_19593462.jpg


さて、後は塗装前に車体をもう一度ペーパー掛けを行い、いざ塗装へ

a0234427_2012010.jpg


何か机の上が荒廃し始めておりますが。。。
[PR]
by takedon2000 | 2012-04-22 20:03 | 営団6000系製作

営団6000系製作 その10(屋根上の工作)

連続投稿です。

営団6000系でかなり難儀な場所が、パンタ周りの配線ではないでしょうか?
何せ7機もパンタが並んでおり、M1車では松戸側にフューズ箱が2個並んでいる構造となっています。 
 また、松戸側のパンタから上原側のパンタまでは、引き通し線が通っているので、こちらも表現しますが、何せ引き通し線だけで14箇所屋根に固定されておりまたまま孔開け大作戦です! 1両で24箇所の割りピン止めするポイントがありましたので1編成で77箇所孔開けしました! 
妻面の配管も実車から概略を割り出して製作しました。

a0234427_19365135.jpg


イメージこんな感じでしょうか。

a0234427_19384755.jpg


しかし、この太い配線とヒューズ箱を結ぶ線は、かなり湾曲して取り付いている為
結構苦労しましたが、空気作用管(Ω部)を作る要領で、何とかクリアしました。

a0234427_1942849.jpg


ここが終了すれば、車体の工作はほぼ終了となます。

a0234427_19452918.jpg


後は、余分な半田を除去をすれば終了です。


次回は、床下機器の工作ですが今回はM車の床下のみ報告します。
[PR]
by takedon2000 | 2012-04-22 19:47 | 営団6000系製作

営団6000系製作 その9(ベンチレーターとカプラーの話)

かなりアップをサボっておりましたが、製作は進んでおりましたので一気に公開します。

タイトルの通り先ず、ベンチレーターの配置だが、先頭車に仮組みでベンチレーターを配置した所、何か違和感を感じ(先頭に第一ベンチレーターが前過ぎる。)実写の写真と見比べると、ベンチレーター位置がおかしいと発見しました。
 仕方ないので、φ2の真鍮パイプをベンチレーター取り付け孔に差込み半田後、仕上げました。 作業中の写真を載せますが、何か別の模型になりそうな(マスト??)

a0234427_18494125.jpg


糸鋸でカットの様子です。

a0234427_185258100.jpg


カット後は、やはり段差が発生しましたので、半田盛りしました。

a0234427_18543863.jpg


私は詳細な位置の確認をTMS ’71/3号で確認しました。
意外とこのTMSは現在でも手に入るようです。

次は、連結器部分だが、設計が古いせいかドローバーしか使えそうに無い形状でしたのでKTMのACEカプラーブラケットを一部カットしてねじ止めしました。
取り付けが床板を外す必要が無くなるのでかなり効果的かと。。。

a0234427_19161448.jpg
 

その10では、屋根上部分の工作とします。
[PR]
by takedon2000 | 2012-04-22 19:18 | 営団6000系製作