鉄道模型工作日記


by takedon2000

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
C53再生プロジェクト
京急2100系製作
東武50070系製作
営団6000系製作
模型の収納
トワイライト入場
もみじ色
コンテナ関係
DCCの話
新車の整備(機関車編)
その他
マニ44(モデルアイコン)制作
C51燕牽引機制作
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

鉄ヲタのパパの部屋!!
鉄道模型を楽しむページ
急行越前の鉄の話
スハの会運転会ブログ

最新の記事

C51の制作 その5 (空制..
at 2017-09-12 00:10
C51の制作 その4
at 2017-09-03 18:07
C51の制作 その3
at 2017-09-03 17:09
C51の制作 その2
at 2017-06-19 21:56
C51の制作 その1
at 2017-05-31 22:33

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

営団6000系製作 その17(室内装置取付と電気配線)

今回、室内灯はTAMTAMで安売りしていた激光室内灯を使用しました。

これは、明るさが調整できる可変抵抗標準装備でいけてます。 ついでに1両分2枚で

1000円は、まあまあ安いほうかと思います。

写真を撮る事を忘れてしまった関係で、写真の順番が少しおかしいですが勘弁を!

a0234427_2313519.jpg


両面テープで屋根に貼り付けてあるだけですが十分です。

床下と車体の配線ですが、いつもリード線がわやわやになってしまうので、今回は

接点を自作して見ました。 これはすべて”いさみや”で購入した金切りばさみで

仕上げてます。

a0234427_224623.jpg


右の2個の接点のようにプラ板を接着して、車体のアングルの上に接着してます。

a0234427_22474263.jpg


反対側の床下側は、下の写真のように導電テープを使用しました。

また、今回は全車両集電としましたので車端側に小型コネクタ、車体中央側には

フレキシブル基盤を使用しました。 導電テープ下は、ショートを恐れ透明なシール

テープを貼ってあります。 床板の上に透明シールテープを貼りその上に導電テープを

貼ってあります。 ちなみに半田付けは、テープ貼り終えた後に行ってます。

一瞬の点付けであれば、全然問題なく半田付けできます。

a0234427_22523342.jpg


この作業の後に、本当は室内装置を取り付けてます。 写真とり忘れです。

ごめんなさい!

a0234427_22553369.jpg


これでほぼ、作業は終了です。


最後に先頭車の行き先表示取り付けです。  これは、キットにも含まれておらず

当時の感じをイメージしてPOWER POINTで作成しました。

a0234427_2258161.jpg
 

貼り付けイメージはこんな感じです。 まあいい感じでしょう!

a0234427_2259347.jpg


次回は、最終回となるかな? 最後の組み立ててです。
[PR]
by takedon2000 | 2012-09-12 23:05 | 営団6000系製作

営団6000系製作 その16(車体艤装)

連続投稿です。

営団6000系初期車の魅力は、大型前面窓と側面2段サッシ窓でしょう。

ただ、さて模型を作ろうとするときはかなり製作には厄介です。

サッシ(エッチングパーツ)が100枚程度貼り付ける必要があります。

結構な手間です。

a0234427_22451376.jpg


又これに貼り付ける窓もエッチング板にあわせてすべて切り出しました。

手間!手間!

a0234427_2248322.jpg



営団6000系は、2段サッシ窓に上下があるので注意が必要です。

a0234427_22505991.jpg



貼り付け後の車体側面はこんな感じです。

a0234427_22494136.jpg


また、同時に前面窓も貼り付けましたがこちらは糊代が殆ど無く2~3枚は失敗しましたが

なんとなくうまくいきました。

a0234427_22525692.jpg



この状態ではあまり完成した感は無いのですが、一応テールも付くようにしたく

ロスとの前面に孔を開けました。  φ0.4のドリルで2ミリぐらい深さありました。

えらい大変ですが完成した際のテール点灯させれば苦労も報われるでしょう。

という事で、ヘッドライトレンズとテールレンズ入れてみました。

a0234427_22555064.jpg



次回は、室内装置の取り付けと電気配線に関して書きます。
[PR]
by takedon2000 | 2012-09-06 22:57 | 営団6000系製作

営団6000系製作 その15(台車周り塗装と内装下準備)

またもや、投稿忘れ。 いやいや今年の夏を頑張って乗り越えていたのです。

さて、暑くなる前に塗装してあった、台車周りの写真をUPします。

我が家での台車周りの塗装は、焼き鳥串のように行います。

これにより効率は上がりますが、一気に塗装するので、塗料の量を間違えると色が合わなくなり

大変です。 又、基本的に吊るしの色で塗らないのが心情なのでこれもまた困ったところです。

先ずは、台車と車輪です。

a0234427_2341869.jpg


a0234427_2345666.jpg


車輪のピボット軸は熱収縮チューブ(φ1か1.5)を細かく切って差し込んでます。


こちらはベンチレーター様御一行です。

a0234427_23145459.jpg



次は、又車内に飛びまして、インテリア作成です。

営団6000系の初期車は、木目が使われていたイメージが強く車内は少し暗めの雰囲気が

ありました。 ただし、妻面が大きく開口していたので圧迫感はそれほど無く車内はいつも

風が普吹いていた記憶があります。

今回は、椅子をカツミのロングシート、仕切り板は当時の写真から割り出しCADでケント紙に

印刷して切り出しました。

ちなみに木目調のカラーケント紙というものがあり重宝しました。

最後に手すりはφ0.5の洋白線を使用しました。

a0234427_23203835.jpg


a0234427_23213492.jpg



結構あっさり書きましたが、これがまた一苦労の96組作成しました。

a0234427_23232470.jpg


左右対称部品を沢山作らないといけないので、使用用途別に並べて管理しました。

a0234427_23244159.jpg


これでやっと下ごしらえが殆ど終了しました。

次回は組み立て開始です。
[PR]
by takedon2000 | 2012-09-05 23:27 | 営団6000系製作