鉄道模型工作日記


by takedon2000

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
C53再生プロジェクト
京急2100系製作
東武50070系製作
営団6000系製作
模型の収納
トワイライト入場
もみじ色
コンテナ関係
DCCの話
新車の整備(機関車編)
その他
マニ44(モデルアイコン)制作
C51燕牽引機制作
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

鉄ヲタのパパの部屋!!
鉄道模型を楽しむページ
急行越前の鉄の話
スハの会運転会ブログ

最新の記事

C51の制作 その7-1
at 2017-11-18 21:02
C51の制作 その7
at 2017-11-14 22:48
C51の制作 その6
at 2017-10-15 10:40
C51の制作 その5 (空制..
at 2017-09-12 00:10
C51の制作 その4
at 2017-09-03 18:07

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧

<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

東武 50070系 製作 その8 (台車の改造)

連続で週末に行った作業として台車の改造を始めました。

東武50000系の台車はSS067/SS167ですが、残念ながらこれは発売されておりません。
よって一番形状の近いSS039/139がカツミから分売されておりますのでこちらを使います。
台枠はほとんど同じで中央の空気ばね下部部の形状違い(その他にも違いはありますがね)
なので、ワムから市販されている改造パーツを取り付ける事によりほぼ類似品になります。

かなり高価!!! (落として紛失は命とりですね!)

a0234427_22182798.jpg


まず、分売されているSS139はグレー塗装がされているので台車をシンナー漬けにする事1日!
程よく塗料がはがれた所で、キサゲ刷毛で表面素地を出します。

こんな感じです。

a0234427_22204631.jpg


先ずは両方の部品を勘合させてから半田を流そうと思ったのですが以外に流れが悪い事がわかりました。
よって、各々部品、改造パーツの台車取付け面に事前に半田を流して、台車側にも半田を微量に
盛っておき、熱をかけて両者を溶かし接合する事としました。
熱をかけると、軸受け部分の真鍮が剥がれちゃうかなと思いましたが全然問題ありませんでした。

a0234427_22243735.jpg


また、先頭車にはエコー製の新型排除器も半田付けしておきました。

a0234427_22253060.jpg


なんとなくカッコよくなってきましたが、台車はこの作業を40個やらなくてはなりません。
剥離に時間がかかり今日現在16個完了です。 あと4~5日かかりそうです。

次回運転会までに仮組みできるかな?? ちょっと不安になってきました。
[PR]
by takedon2000 | 2013-04-14 22:29 | 東武50070系製作

東武 50070系 製作 その7 (連結器と床下器具取り付け)

さて、車体の艤装がほぼほぼ終了した所で床下に作業を移します。

先ず、前回の記事でISカプラーを検討するとのことでしたが、10両分のISカプラー取り付け板を
作成したのですが...でした。

一応失敗談も書くことに

ISカプラー取り付けようにはISカプラーとほぼ同じ大きさの板を切り出して(18枚!)妻板と
面一になるように半田付けします。

a0234427_19141278.jpg


10両分必死にやったのですがね。

a0234427_19144631.jpg


眺めは壮観だったのですが、実はこの時点で凄く不安なことが発生し車体と仮組みをしました。
そして、自分が所属しているクラブのレイアウトの最小RであるR670にて、車体干渉がないか
確認しましたが、これまた全然ダメでして、このキットに標準仕様の転落防止ラバーが強干渉
するのです。

あちゃちゃ~やっちまった状態です。
悲しすぎて写真も撮るのを忘れましたが、すぐにすべての取り付け板を外してACEカプラーに
付け直して再実験! あれ? これでも駄目だ~状態でした。

a0234427_19193517.jpg


しょうがないので、転落防止ラバーを0.5㎜全て削り落として再チャレンジ!

a0234427_19205457.jpg


これで何とかなりました。
車両通電不良対策でISにしようと思ったのですが、これで再検討が必要となりました。
ただ、営団6000系の時のようにカプラーで繋ぐのではなく何か他の方法を考えます。

ここは、昔の会社の先輩ミスターK氏に教えて貰いながらちらつき防止回路を考えるとします。
頭の中には大体の構想がありますので具現化できたら記事にします。
スパーキャパシタ使うしかないですね。

連結器はこれぐらいとして床下器具に関して作業を進めます。
このキットでは、なんと床下機器セットとして10両分まとめて売ってます。
それもすべてロストですので凄い重量と凄い値段です。

床板とのセットですが親切な事に殆どの穴は開いてます。 車系によって共通と異なる
物のみ自分で開けますが、印は付けてくれているので簡単に組立が可能です。
ただ、号車によって微妙に床下器具が異なるので床板に番号を振っておかないと
分からなくなりますね。

a0234427_1953979.jpg


まだこの写真は、IS取り付け板がついている状態の時に仮置きした写真です。

ここで、2両だけ修正しなくてはならない床下器具があります。
先頭の2両ですが、戸閉制御切替装置という、下の写真の赤丸部分が台車と
強干渉しますので、移設が必要です。

a0234427_19313120.jpg


ちなみにM車はこの日の為に確保しておいたLN14を取り付けます。
こちらも穴開け用の印が付けてくれてますので穴開けとねじ切りだけでOKです。

a0234427_1946662.jpg


紆余曲折ありましたが床下機器類も何とかなりそうですし連結器もACEカプラーに
変更となり、ちらつき防止回路が必要となりますがこれは別途考えます。

以上
[PR]
by takedon2000 | 2013-04-13 19:50 | 東武50070系製作

東武 50070系 製作 その6 (屋根上+誘導無線アンテナ)

車体の組み立ても一段落したのでほっとしてましたが、このキット集中クーラーも半田付け、
強制換気装置も半田付けが必要なのです。

結構軽く考えてましたが、意外と面倒でした。
先ずは、本体と妻板の半田付けですが、特に妻板が小さく半田こてをあてると、一緒にこてに
張り付いて来てしまいます。  仕方がないのでピンセットで押さえなが半田付けしましたが
どうやっても一人で撮影できないぐらい(指が吊りそうな指回し)なので単品の写真で勘弁を。

a0234427_20463036.jpg


両側の妻板を取り付けた後、ねじ止め用のプレートを内側に半田付けすれば終わりです。

a0234427_21165239.jpg


ただ、精度が良いといってもプレス品なので、屋根板との間に隙間ができてしまうのでペーパーで
修正を忘れずに。

次に強制排気装置ですが、これはロスト品です。 内側ねじ止め用のプレートを半田すれば
終わりかと思いきや、試に屋根上に並べてみると あら!大変!隙間だらけ!

a0234427_20523710.jpg


しょうがないので10個全部ヤスリ掛けと、屋根にサンドペーパーを敷き、そのうえでこのロスト部品を
ペーパー掛けしてすり合わせをしました。
左側が修正後、右側が修正前です。 全然違います。

a0234427_2054962.jpg


そんなこんなでクーラーと換気装置で3~4時間費やしました。

a0234427_20545310.jpg


ここまでやると、お子ちゃまなので組み立ててみたくなり10両分取り付けてみました。

a0234427_20555333.jpg


精悍な眺めにとりあえずうっとり。
っとここで、車体艤装の忘れを発見!

50000系は7号車両妻面に誘導無線アンテナが装備されており、6号車と8号車の7号車側は
転落防止ラバーが小さいのです。
良くも悪くもワムのキットには、妻板にこのラバーが表現されており、切り落とす必要があります。
ちょっと勇気入りましたが、糸鋸でえいっ!!

a0234427_2103811.jpg


切断後はゆっくりやすりを掛けて妻面の面取り部分に合うように仕上げました。
左が切断後、仲が修正中、右が仕上げ後です。
割と簡単にすみました。

a0234427_2125883.jpg


次に誘導無線アンテナの取付けは、これは本当の現物合わせです。
7,8回付けは外しようやく自分手が取り付け位置を覚えた所で一気に4か所取り付けました。
1か所目は、気に入るまで何度も手の向きピンセットの向き等を考えて取り付けたおかげで
その他の3か所は1、2回の修正ですべて取り付けできました。
慣れていく自分が怖い。 今なら何個でも半田付けできそうな気がしてきましたがもうおしまい!

a0234427_2172840.jpg


2両並べてみるとこうなります。

a0234427_2175783.jpg


最後におまけですが、スカートも取り付けてみました。
これは結構位置出しが難しくて結局は鉄道ファンの折り込みを見ながら位置決めました。
意外とスカートは前側につくので要注意です。
ちなみに、鉄道ファンは2005年3月号か2007年7月号に折込み図があります。
私の場合はスカートの取付けはM1.4のねじで取り付けてます。

a0234427_21112760.jpg


組立状態はこんな感じになりました。  結構いい感じです。

a0234427_21121654.jpg


今回はここまでです。
次は床板の加工に入ります。
今回の東部50070系では、前回の営団6000系での課題であった全車両通電をもっと簡略化
したく、カプラーはISカプラーを使用しようと思いますが、事前の調査で、床板にそのままISカプラーを
取り付けると、妻板に当たることが判明してますので対処方法を考えながらの工作となります。
[PR]
by takedon2000 | 2013-04-04 21:18 | 東武50070系製作