鉄道模型工作日記


by takedon2000

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
C53再生プロジェクト
京急2100系製作
東武50070系製作
営団6000系製作
模型の収納
トワイライト入場
もみじ色
コンテナ関係
DCCの話
新車の整備(機関車編)
その他
マニ44(モデルアイコン)制作
C51燕牽引機制作
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

鉄ヲタのパパの部屋!!
鉄道模型を楽しむページ
急行越前の鉄の話
スハの会運転会ブログ

最新の記事

C51の制作 その7-1
at 2017-11-18 21:02
C51の制作 その7
at 2017-11-14 22:48
C51の制作 その6
at 2017-10-15 10:40
C51の制作 その5 (空制..
at 2017-09-12 00:10
C51の制作 その4
at 2017-09-03 18:07

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧

<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

東武 50070系 製作 その11 (台車、車輪の塗装)

3週間ばかり間が空いてしましたが、GW後は、会合(運転会)等でバタバタしておりました。
さて、5月1日にUPしてからGWは下回りの塗装を始めてました。
先ずは、一番厄介な台車と車輪の塗装です。
これはいつも面倒くさいので一気にやっておりますが台車は前回報告したような治具に取り付けて
塗装します。

車輪に関しても色々治具は売ってますが、これはいつもの通りマスキングテープを細く切り
線路との接触面をマスキングしていきます。
ピボット部分に関しては、私は熱収縮チューブの内径1を短く切って差し込んでます。
これで十分!
また今回は、車輪に関しても塗装治具を作りました。
改良の余地多数なので詳細は説明しませんが、子供が使うギザギザハサミを使い車軸端の両側を
支持する台を作ってみました。 下の写真ですが、大量に塗装できるのですが剛性が無く
塗りながら回転させるとゴロゴロ山を越えてしまい隣の車輪とぶつかってしまいました。
見た目は良かったのですが改良が必要です。

a0234427_20305748.jpg


また、台車塗装治具は大成功でした。
塗った後は、作業台の横に吊るしてておけるので、2度塗り3度塗りOKです。

a0234427_20321234.jpg


ちなみに、塗装後は天日干しです。 洗濯物と一緒に物干し竿の端っこにお邪魔しました。
当然嫁さんには、横目で「汚すなよ!」の視線です。

a0234427_2034363.jpg


無事塗装が終わりました。

これがいつもめげる作業ですが無事終了です。
[PR]
by takedon2000 | 2013-05-24 20:35 | 東武50070系製作

東武 50070系 製作 その10 (台車の話)

GWは、家族との休みが合わず、絶好の模型製作週間となっております。
以前から進めていた、台車の塗装剥離とボルスター部のパーツ追加で、なんちゃってSS067/167を
製作中ですが、やっと40個剥離と部品取り付けができました。
10両分って多いですよね。 

a0234427_1023179.jpg


この作業が終われば再塗装ですが、いつも台車の塗装には私の場合板に両面テープで張り付けて
串焼き状態で塗装してました。
しかし、4月後半のとある夜寝る間際に思いつき今回はその思い付き治具を制作してみました。
ちょっと製作記事とはズレますが、今回は数多くの治具製作をしているので紹介します。

必要なものは、真鍮板t1.0と小ねじM2首下15ミリと、20ミリそれぞれ20本と、シリコンチューブ
内径Φ3を1mぐらいですかね。 
真鍮板は、いさみやに行けば200円ぐらいかな? それ以外でもしっかりしてればアルミでもいい様な気がします。

先ず、真鍮板にΦ2.0~2.1の穴を20か所等間隔で開けます。 
間隔は台車に合わせてですが私は11ミリとしました。
反対側には、少し大きめの穴を1個開けておいた方が良いでしょう。 塗装後吊るすにも使えますので。

a0234427_10333874.jpg


次に小ねじを互い違いに取り付けていきます。 互い違いと同時にねじ長さも1個おきに変えておきます。
こうする事により、台車の干渉がなくなるので取付けも便利です。

a0234427_10352390.jpg


次に今回の肝はシリコンチューブにあります。
チューブを下の写真を参考にそれぞれのねじに挿していきます。 
長さはねじの頭が少し出るくらいが良いと思います。 長すぎると台車を取り付けづらくなりますし、短いと
シリコンチューブがマスキングの役目を果たしてくれなくなります。

手前側が取付け前です。奥側が取付け後ですが、シリコンチューブがちょうどマクラバリ取り付け部分を
マスキングしてくれてます。
これで厄介なマスキングは軸受けのみとなります。

a0234427_10434653.jpg


これで完成! 一気に40個塗装ができます。
治具は10分程度で作れますし再利用も可能! マスキングにはシリコンを使ってますので塗料も
付きませんしシンナーにも侵されません。 ついでに見栄えもしますし!

a0234427_1047380.jpg


さあ! 塗装ですかね!
[PR]
by takedon2000 | 2013-05-01 10:47 | 東武50070系製作

東武 50070系 製作 その9 (先頭車スカート部)

東武の車両も艤装はあとスカ-ト下だけとなりました。
他の部分は、気づいた時点で追加していく事とし話を先に進めます。
50070系のスカート下には、連結器収納箱等が置かれており、これを省略する事はできず、
とはいうものの部品も無い事から、適当なものを見繕って制作しました。
下の写真は、池袋から10分程の東上線の駅(判りますよね)の先にある引上げ線で撮影しました。
ここには日に何本かTJが折り返し運転をしているのでスカート下の機器を観察するには絶好のポイントです。

a0234427_9483795.jpg


今回の製作では、スカートと胴受けは、メンテナンス性を上げる為ボルトオンとしました。
尚、胴受けは幅・形状からエンドウ製の気動車用Eを使用しております。
ただ、付属のスカートと胴受けをそのまま取り付ける事はできず前後方向の調整は必要ですので
上記写真を手掛かりに先ずはスカートの位置を決めた方がいいと思います。
今回私は胴受けをぎりぎりまで短くして後足らない分はスカートを部妙に削りました。

a0234427_9525125.jpg


それぞれの部品の位置関係は下記となります。
全面ステップは仮付けです。

a0234427_9533447.jpg


乗務員ステップの位置も上の写真が参考になると思います。
この全面・乗務員ステップも本当はボルトオンしたかったのですが、位置決めが大変そうなので
これらは半田付けしてしまいました。

a0234427_9563276.jpg


後は組み上げてそれぞれの位置の確認です。

a0234427_9564820.jpg


なんとなく良さそうなので50070を仮組みしてみました。
写真が黄色いのは、何も考えずパーツ箱を車両の横に置きっ放しで写真を撮ったためです。
見難くてすいません。

a0234427_9591148.jpg


ちょっと連結器の高さがおかしい様な気がしますが後で修正です。

また、連結器格納箱等は、別の日に作業しましたのでバラバラ状態での写真となりますが
結局の所、良い部品がなく、格納箱は、大きさの同じような床下機器を在庫品から探し出しました。
多分キハ40系の床下機器セットに入っていた物だと思います。 
詳細不明です。  すいません
尚、エア配管は、ワム製の空気管セットというパーツを使用しました。 ただ、このパーツだとそのままでは
使えず、結構折り曲げ直ししましたので、(基本部品は後部斜め取り付け配管ですが、50000系の
後部は垂直に車体に向かってます。)もしかするとΦ0.4~0.5の真鍮線とエコーの締切コック辺りを
使う方が正解かもしれません。

a0234427_10135726.jpg


ちょっと付け足しですが、乗務員ステップはワム製のST-645というハンドスコッチ付きステップを使用しましたが、ポン付けではなくS字に曲げて付けてます。
実物の写真を見られるとわかりますが、結構斜め前から見るとこのステップ目立ちますので加工される事を
お勧めします。

以上 4月度の作業のまとめです。
[PR]
by takedon2000 | 2013-05-01 10:18 | 東武50070系製作