鉄道模型工作日記


by takedon2000

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
C53再生プロジェクト
京急2100系製作
東武50070系製作
営団6000系製作
模型の収納
トワイライト入場
もみじ色
コンテナ関係
DCCの話
新車の整備(機関車編)
その他
マニ44(モデルアイコン)制作
C51燕牽引機制作
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

鉄ヲタのパパの部屋!!
鉄道模型を楽しむページ
急行越前の鉄の話
スハの会運転会ブログ

最新の記事

C51の制作 その7-1
at 2017-11-18 21:02
C51の制作 その7
at 2017-11-14 22:48
C51の制作 その6
at 2017-10-15 10:40
C51の制作 その5 (空制..
at 2017-09-12 00:10
C51の制作 その4
at 2017-09-03 18:07

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧

<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

東武 50070系 製作 その13 (車体の塗装 オレンジ)

久しぶりの書き込みとなりますが、何もやってない訳じゃないです。
怪しまれないように50000系に近づき採寸と写真を撮る日々を約2週間続けてるうちに
梅雨時期となってしまいマスキングしては空気の乾燥している日を探して細々塗装してました。

先ずは、側面のオレンジラインですがドアからの距離、窓からの距離を正確に割り出すために
写真撮りをしてました。
結果、ドア側から 4.9ミリ、窓側Hゴムから 0.7ミリと割り出しました。
こんな面倒くさい寸法になってしまいましたが諦めずマスキングを行いました。

一見面倒くさそうですが4.9ミリはタミヤの6ミリ幅マスキングテープから約1ミリを狙って
切り取ると2、3回練習するだけでほぼ4.9ミリに縮める事ができるようになりました。
(人間の慣れってすごいですね。)

また、0.7ミリは意外や意外MICRON MASKING TAPEというもので0.7ミリが発売されてますので
これを使用しました。

a0234427_17333075.jpg


さて実際にマスキングテープを貼っていきます。

a0234427_17342936.jpg


次に上下の位置決めですがこれは簡単で窓枠高さでOKです。

a0234427_17351838.jpg


この後全体にマスキングをして塗装しました。
意外と簡単に書いてますが10両分のマスキングに2時間弱かかってます。

さて塗装ですが、例の塗装治具を使って一気に塗装を! と思いましたが前回、前面の塗装の際に
6度塗りした事を思い出して再考した結果、やはりガイヤノーツで下塗りすることにしました。

これはオリジナルな色なので公開はOKです。
配合は015(ピュアオレンジ) : 025(橙黄色) = 1 : 5 としました。
ただ気を付けていただきたいのですがワムさんの色とは違います。 あくまでも隠ぺい用の下地色です。

さて塗装ですが下地用のガイヤノーツを1度吹いてみましたがさすがに1度では無理でした。
よってこちらをもう一度吹いてみるとほぼ下地が気にならないレベルになりました。(さすが!!)
プラスして塗装時間も短く、薄い塗装で隠ぺいするので倍位早く塗装出来ました。

次にワムさんオリジナル色を1度吹いてみると下地に微妙に影響されたのか思っていた色になりません
でしたので、もう一度吹いてみました。

これでオレンジが4度塗りです。 かなりの効率UPだと思います!

a0234427_17483299.jpg


マスキングを剥がしてみるといい感じに仕上がってました。

a0234427_17502137.jpg


ちなみにマスキングの残骸は1両でこんなもの

a0234427_17505879.jpg


10両分はごみ箱1杯分です!

さて、効率が良くなったためオレンジはなんと1時間30分ぐらいで塗り終わりましたが
マスキング剥がしも1時間ぐらいかかりました。
何せ車体がシルバーですので下手に爪を立てると傷になってしまうので慎重に行いました。

ただ、終わり良ければ気持ちも良いもので10両並べると迫力あります。

a0234427_17545354.jpg


さて続いては窓枠のHゴムですが、烏口で10両分自信がなかったのでマスキングで
今回はチャレンジしました。 
 (またもやマスキングテープの浪費です!)

a0234427_1756179.jpg


我ながらうまいマスキングができたなと思います。

先ずはお試し3両分を一気にエナメルの艶消し黒を塗装してみました。

a0234427_17571381.jpg


しかし事件はこの後発生しました。

マスキングを剥がしながら写真を撮るのを楽しみにしたのですが残念!!!

  大失敗でした!

写真を撮るのもためらうような線はグデグデ、はみ出し多数とても写真を撮る気になれず
マスキングを剥がしました。
幸いにもエナメルで塗ってますので、塗装を落とすのは簡単ですが、別の方法を考えるしかありません。

さてどうしたものか......

ちょっと頭を冷やしましょう!!
[PR]
by TAKEDON2000 | 2013-06-29 18:02 | 東武50070系製作

東武 50070系 製作 その12 (とうとう車体の塗装)

仕事の忙しさが一段落したのでため込んだ作業をまとめておきます。

前回台車の塗装後の写真も出さなかったので先ずは1ショット

a0234427_21551260.jpg


治具作ると、この作業に1週間かかるのですが(遅すぎますよね)1日でここまで完成です。
とりあえず、下回りはこのぐらいにして車体の塗装に移ります。

我が家では酸洗いは、いつもの通りサンポールです。これが一番安くて洗面台・トイレから流せるので
重宝してます。
3,4か月も半田付けしてるとかなり汚れてましたが一瞬にしてピカピカに、気持ちいいのでついでに
クレンザーで油分含めて表面ゴミも取り除きました。

a0234427_21583351.jpg


次に治具に目覚めた私は、塗装治具も作ってみました。
材料は、ホームセンターに売ってたステンレスバネ線(太さ1ミリ)をWの形に曲げて床板取り付け穴に
差し込んでみました。

先ずこんな形に曲げます。
a0234427_2233028.jpg


次に床板取り付け穴に差し込んで高さ調整です。
a0234427_2245177.jpg

まだ改良の余地はありますが、塗装後に新聞紙等の上に直接置くより数倍安心感が出てます。

っで、とりあえず10両分作ってみました。
a0234427_229085.jpg


このまま塗装に行こうと思ったのですが、結構気になっている全面窓の採寸を行っておきました。
これを行っておかないと、後で塗装後の車体にノギスを当てる事になるので今のうちに行おうと言う事に
しました。

各種寸法を測定した後は、いつものJW-CADでお絵かきしました。
リクエストあれば、窓寸法お教えします。
a0234427_22123613.jpg


この型紙を外形切り抜いて車体に当ててみると結構一発でOKという感じでした。
ただ、コーナーRが微妙に違いましたのでそこだけ修正しました。
これで、厄介事が一つ消えました。
a0234427_22141391.jpg


さて、ようやく本題の塗装ですが、検討した結果

     1.サフェーサー車体内外塗装
     2.車室内の白塗装
     3.車体の銀色塗装
     4.前面のサンシャインオレンジ塗装
     5.前面の黒塗装
     6.車体側面のサンシャインオレンジ
     7.屋根のねずみ1号塗装

  の順番を予定してます。

先ずは、1のサフェーサーですがいきなり治具が大活躍です。
写真を撮ったのですが前の写真と大差無いので割愛します。
サフェーサー塗装後は1日おいて下記のように車内塗装用に外側の全マスキングを行いました。
a0234427_22203262.jpg

a0234427_2225258.jpg


2.車室内の白塗装ですが、やはり隠ぺい力を考えガイヤノーツの001番”ピュアホワイト”と
  011番”フラットホワイト”を1:1で混ぜて使いました。
  2、3度塗り程度で完全に白くなります。
a0234427_22242375.jpg


3.次に車体の銀塗装ですが、こちらの色はワムさんのオリジナル色ですので、(色番号は書けません)
  ワムさんに相談してください!
  指定通りに塗装しましたが出来は上々です。 アルミ無塗装ヘアライン仕上げっぽい感じになりました。
  ただ注意点は、塗装表面はかなりやわらかい状態(爪を少しでも当てるとテカってしまいます。
  よって、私の場合はかなりの裏ワザだと思いますが、この艶消しの状態であえて、フィニシャーズの
  スーパークリアーを車体に塗装してます。
  実はこのスーパークリアーは塗膜が非常に薄いので、光沢面に塗ればより光沢感が出ますが
  半光沢面塗ると半光沢を保つ特性があります。
  ただし、半光沢を保つといっても、赤系の塗装の上に塗装すると色目は変わりますので注意してください。
  あくまでも今回試に塗膜が薄い性質を使って半光沢のシルバー面にテスト塗装した結果、半光沢と
  アルミ無塗装感が維持できましたので採用した技です。(思い通りの出来でした。)

a0234427_22363218.jpg


M車もこんな感じです。
a0234427_22372469.jpg


4.次に前面のオレンジ塗装ですが、まずは先頭の2両をマスキングしておきます。
  
a0234427_22395070.jpg


  オレンジの塗料ですがこれもワムさんのオリジナルですのでレシピはお店に確認してください。
  ただ、やはりオレンジと言う事で隠ぺい力が足りないようでなんとここだけで5度塗りしてます。
  側面塗装の際は隠ぺい力月用ガイヤノーツのオレンジか黄色系の色で下地塗りしようと思いました。

  
a0234427_22414968.jpg


5.十分に乾燥後黒塗装ですがこれは当然の如くガイヤノーツ1011番黒で塗装してます。
  ちなみに1度塗りです。
  
  
a0234427_22431787.jpg


乾燥後マスキングを剥がしてみたところです。
a0234427_22441778.jpg


なんか変ですよね! ライト周りの黒塗装がまだです。
こちらもマスキングを再度行いもう一度同じ黒を塗装してみました。
a0234427_22465011.jpg


ここまで黒くすると吹き込み心配ですよね。
ただ心配ありませんでした、こんな感じで先頭部分がほぼ完成です。
a0234427_2255666.jpg

次は、側面のオレンジ塗装ですが、ここで結構足踏み中です・
というのは、単純な塗装かと思いきや、オレンジの塗装は車体番号が入る部分だけ太くそれ以外は
細いのですが、 どこが太くてどこが細いのか?、右側面と左側面で位置は対象なのか、それとも勝手違い?
意外と資料がないものでいつもの足で稼ぐしかなさそうなので週末まで待つこととしました。
ひとまず今回はここで終了です。

次回は、オレンジ塗装のパターン確認してからの塗装となります。
東武線、東急線内で変に車体側面の写真を撮ってたり。車体に物差しあてている人がいれば
私かもしれません。
その時は、”ばかだな”と温かい目で見ててください。


  
[PR]
by takedon2000 | 2013-06-07 22:55 | 東武50070系製作