鉄道模型工作日記


by takedon2000

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
C53再生プロジェクト
京急2100系製作
東武50070系製作
営団6000系製作
模型の収納
トワイライト入場
もみじ色
コンテナ関係
DCCの話
新車の整備(機関車編)
その他
マニ44(モデルアイコン)制作
C51燕牽引機制作
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

鉄ヲタのパパの部屋!!
鉄道模型を楽しむページ
急行越前の鉄の話
スハの会運転会ブログ

最新の記事

C51の制作 その5 (空制..
at 2017-09-12 00:10
C51の制作 その4
at 2017-09-03 18:07
C51の制作 その3
at 2017-09-03 17:09
C51の制作 その2
at 2017-06-19 21:56
C51の制作 その1
at 2017-05-31 22:33

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧

<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

EF62 入場

あれほど揃えるの止めようと思っていた富系のEF62,63ですが既に
63 1両、62 1両配備されました。

我が家仕様は、プラ製の車両は、必ずバラバラになります。
やはり、どうしても台車周りがプラっぽい事と、手摺り類がプラになってしまうので
UPGRADE化が必須です。
とりあえず、全バラです。

a0234427_713411.jpg


バラせる物はとりあえず全バラしました。

先ずは、素の状態ですが、かなり完成度が高いですね。

a0234427_7134780.jpg


私の場合は、手摺り類は基本燐青銅線のφ0.4で作成するのが定番となってます。

一番難しい前面の手摺りですが、イメージを元にやっとこでエイヤー!!で作ります。
図面無しですね!

a0234427_0402948.jpg


前面手摺り、乗務員ドア、手摺り含めて1時間ほどで全部作りました。
早速、厚紙に両面テープで貼り付け塗装です。

a0234427_7174328.jpg


塗装は、マッハのプライマーと相互、同じ無マッハの直流電機の青で塗装、前面縦手摺りは
GMのクリーム1号で塗装しました。

a0234427_7175461.jpg


手摺りの取り付けは、プラ版のt0.5をスペーサーとして瞬間接着剤でで取り付けました。

a0234427_0541694.jpg


本日はここまで、時間切れとなってしまいました。
次回は台車部分の話しとします。
[PR]
by TAKEDON2000 | 2014-07-28 00:57 | 新車の整備(機関車編)

EF81機器更新(Decorder)まとめ

EF81の機器更新終了しました。

今回のテーマはテールライトを点灯させるのが目的でした。
DCCの環境であれば、テールライトなどのファンクションは配線しておけば
後はプログラミングすればOKなので簡単です。
また、最近のデコーダーはDC(直流)でも問題なくなりました(昔は
モーターにノイズが入るなどあまりお勧めはできませんでした)

先ずは、前回作ったLEDを仕込みます。
もともとテールレンズは入ってますのでテールレンズの裏にゴム系接着剤で
取り付けるだけです。 がっ手が入らないところなので両面テープにて固定しました。

a0234427_17434887.jpg


後は配線をすれば終わりです。

仮組み状態でテールの点灯確認しました。

a0234427_17444628.jpg


面倒なのがデコーダーの配線です。
線路から2本、モーターへ2本、ヘッドランプへ2本、テールランプへ2本、ライト類のコモンラインが
1本と9本もあります。

モーターを動かすだけなら線路とモーターの間に入れるだけですが、ライト類はちょっと面倒くさいですね。
DCCでは、ライト類(ファンクションといいます)の”+:青色の線”はすべて共通です。
あとは、点灯させたいライトを青の線とそれぞれ”白色、黄色、緑色、紫色”(これ全て”マイナス”です。
に繋ぐというのが基本です。

よって、普通DCだと1エンド側ヘッド・テールで4本、2エンドヘッド・テールで4本計8本を配線する
のではなくそれぞれマイナスの1本と共通のプラス1本の5本で済むわけです。

下が配線の様子です。
先程 紫色の線がと言いましたが、私は持ってなかったので緑で代用してます。
ただ、コネクターの下側を見ると紫色のコードが一番右側にありますね。

a0234427_17543444.jpg


そして、蓋を閉めれば完成です。

こんなライティングもOKなので上野駅への推進運転が楽しくなります。

a0234427_17554773.jpg

[PR]
by takedon2000 | 2014-07-06 17:57 | DCCの話