鉄道模型工作日記


by takedon2000

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
C53再生プロジェクト
京急2100系製作
東武50070系製作
営団6000系製作
模型の収納
トワイライト入場
もみじ色
コンテナ関係
DCCの話
新車の整備(機関車編)
その他
マニ44(モデルアイコン)制作
C51燕牽引機制作
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

鉄ヲタのパパの部屋!!
鉄道模型を楽しむページ
急行越前の鉄の話
スハの会運転会ブログ

最新の記事

C51の制作 その7-1
at 2017-11-18 21:02
C51の制作 その7
at 2017-11-14 22:48
C51の制作 その6
at 2017-10-15 10:40
C51の制作 その5 (空制..
at 2017-09-12 00:10
C51の制作 その4
at 2017-09-03 18:07

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧

<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

本年もお世話になりました。

今年は、公私共に色々変化の年でありまして、あまり模型製作ができませんでした。
年末には、北米で騒がれている事件により車の入れ替えを行い、バタバタの
年の瀬となってしまいましたが、来年は少し腰を据えて模型製作を行おうと思います。

入れ替えた車のイジリもやらなくてはならないのでどうなることやら...

我が家の工房も既に片付けを終わらせました。
多分すぐ汚くなりますがね!

それではみなさん良いお年を。

a0234427_22442053.jpg

[PR]
by takedon2000 | 2014-12-31 22:44 | その他

京急2100系の製作 そのマイナス01

皆様 こんばんは
年の瀬のこんな時期ですが、新しいカテゴリを作成しました。

2015年度はU-TRAINS 京急2100系からスタートします。
スタートするにあたってキットを色々確認している中で(あまりにもパーツが多い)U-TRAINSさんの
キット構成の一つである屋根上のクーラーの組み立てが、車体の箱組立より大変そうでしたので
今年中に難題クリアーしておこうと思います。

一見簡単に見えますが、クラー本体は4分割、中のファンと取り付けブラケット含めると6分割、
さらに手摺りはすべて分割パーツですので6+22=28部品で構成されてます。

a0234427_2153517.jpg


また、ファンの周りのカバーは、部品では付いて無いようです。
これは実車を見ても省略はできそうにありませんので、何とかせねばなりません。
来年入ってからいきなりこの作業はいやなので、今回年末ぎりぎりで製作しておきました。

実車でも目立ちます。

a0234427_21564124.jpg


さて、製作方法ですが、
KSの洋白帯板0.8×0.2を使用しました。
何種類か試してみましたがこれが丁度良さそうです。
まず、無理やりですが、この帯板を弓状に曲げていきます。
この際の下側のRがクラーのRになるように一生懸命しごきます。

a0234427_2244591.jpg


この後、ファンの形に合わせてくの字に曲げていきます。

a0234427_2263156.jpg


写真下の部品を16個作成します。


さてこれが出来上がってから組み立てに入ります。
本体と、両側のカバーを先ず半田付けします。
その後、上部化粧板にファンカバーを半田付けします。
この際、化粧板は本体とまだ半田付けしません。
手摺との合わせがありますのでくれぐれも半田付けしないように。

またちょっと脱線ですが、クラー取付のステーはこの字に曲げて使うのが正解です。
U-TRAINSさんで教えて頂きました。

a0234427_22131919.jpg



いきなり写真撮り忘れて申し訳ありませんが、下の写真がカバーの取り付け方です。
左側が半田前、右側が半田後(ちょっと削り始めてますが)です。
用は、弓状の帯板を取り付け後、やすりで上面を平らにするのです。

a0234427_22165937.jpg


両側ともに半田付け終わりましたら、やすり掛けですが、単目、あやめ等のやすりでは
どうしても粗いのでうまく削れません。←カバーを曲げてしまいました。
よって、ダイヤモンドやすり等の表面が平らなものを使用するとよりと思います。
概略整形できましたら、#400程の耐水ペーパーを平板(私はガラス版です)に敷き
ラップ掛けの様に表面を整えるのと同時に上面のバリを取り除きます。
#400のラップ掛けは、8の字を描くように10秒ほど行えば良いようです。

a0234427_22235386.jpg


次は、化粧板と手摺と本体の合体です。
なお、手摺は燐青銅線のΦ0.3です。
ちなみに化粧版はΦ0.25の孔が開いており、取り付ける手摺座(エッチング部品)は板厚0.25の
ようなのでこのままでは手摺座は化粧板を貫通しません。
よって「私はすべての孔をΦ0.35のドリルで広げました。 もしかするとΦ0.3でも良いかもしれません。

全て開け終りましたら、仮組みです。

a0234427_2229328.jpg


裏から見るとこんな感じです。

a0234427_22305446.jpg


ここまで出来ましたら、一気に半田付けを行います。
最後に両端を切り落とせば終了。

a0234427_2231379.jpg


それなりの出来になりました。
まだ、取り付けステーもファンもつけてませんがここまで形になっていればいいですかね!
ちなみに手摺は左右2分割となります。
左から6番目と7番目の間隔が狭い所は切り離さなくてはいけませんがこれも後から簡単に
出来る所ですので今はこのままです。


嫌な事は先に終わらせておきたく、一気にファンのカバー8両分作成しました。

a0234427_22355119.jpg


これでクラーの大凡の目処が立ちましたので本年の車両製作はここで終了。
来年より本格的に京急に着手しようと思います。

それではまた来年
[PR]
by takedon2000 | 2014-12-31 22:38 | 京急2100系製作