鉄道模型工作日記


by takedon2000

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
C53再生プロジェクト
京急2100系製作
東武50070系製作
営団6000系製作
模型の収納
トワイライト入場
もみじ色
コンテナ関係
DCCの話
新車の整備(機関車編)
その他
マニ44(モデルアイコン)制作
C51燕牽引機制作
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

鉄ヲタのパパの部屋!!
鉄道模型を楽しむページ
急行越前の鉄の話
スハの会運転会ブログ

最新の記事

C51の制作 その5 (空制..
at 2017-09-12 00:10
C51の制作 その4
at 2017-09-03 18:07
C51の制作 その3
at 2017-09-03 17:09
C51の制作 その2
at 2017-06-19 21:56
C51の制作 その1
at 2017-05-31 22:33

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧

C53再生への道 その1

長らくの沈黙失礼いたしました。

模型製作の谷間でレイアウトの検討を色々としておりました。

さて次のお題ですが少し軽めのネタでいきます。
今年の初め頃より九州地区より単機で燕フル編成という企画が聞こえてきた為
今まであきらめておりました、C51、C53といった大正~昭和初期の機関車に
手を出してしまいました。

といっても当然見たこともなければ、実物すらまともに見たことはありません。
今回はこの中でも国鉄唯一の3気筒式のC53を我が家に配置しようと思いました。

すると、オークションでは某モーター時代のキット、完成品などが手ごろな値段で
出品されているのが分かったのでこちらから探すこととしました。

その中で不動車ですが、プロポーションの良いメーカー不明のキット組品が出てましたので
早速落札してみました。

商品到着後眺めてみるとホワイトメタルは殆ど使っておらずロストがふんだんに使われている
事が分かりました。  ただ、モーターは回りませんでしたね。

早速分解してみました。

a0234427_2253511.jpg


やはり経年劣化が多くモーションプレート類も外れてました。

さらに分解を進め全バラ状態としてみました。

a0234427_2254899.jpg


ん~! 車体はそれなりにしっかりしてそうです。  ただ塗装は白っちゃけており
塗り直しですね。

よって即行で塗装剥離してみました。
やはり、ロストだらけで当時としてはかなりおごっている車体だったようです。

a0234427_22573100.jpg


先台車、従台車もロストです。

a0234427_22582256.jpg


ランボード上のパーツもすべてロストです。

a0234427_22591422.jpg


これはやる気が出ますね。
さて、どのように仕上げるかはこれから指南しますが。
まずは前照灯の点灯化、釣り掛け駆動化、DCC化、イコライザー??(これは
無理しないほうが良いかもしれません。)
まとめて近代化しようと考えてます。
[PR]
# by takedon2000 | 2016-07-13 23:04 | C53再生プロジェクト

京急2100系の製作 その21(最終回)

a0234427_10505298.jpg
今回で、1年半かけた京急2100系は終了となります。

最後に仕上げの写真を紹介します。
その前に、今回の車両は、DCCサウンド機能搭載と今までの車両でも行ってきました
(分解整備性・側面方向幕の点灯化)等を盛り込みとりあえずできそうな所は詰め込んで
みました。)

あまり参考にならないとは思いますが、どこか一つでも完成品を超えたいとのモットーで
進めましたので、一応満足しております。

前回までに記載忘れた記事を一部紹介です。
今回のDCC化での課題は、スピーカーをいかに見せないかです。
この為、モーター車にはシュガーキュービックスピーカーを床板をくり抜いて低マウント化

a0234427_1046286.jpg


先頭車はSIEMENSトラクションコンテナ内にΦ23のスピーカーをマウントしてます。

a0234427_10475799.jpg


先頭車のスピーカーへは引き通し線を各車両に取り付けました。
これで全てのM車(1,4,5,8車)からドレミファが聞こえるようになってます。

分解作業性も、下記の様に取り付けネジを外しただけで上下分割となります。

a0234427_105164.jpg


これですべての工作は終了です。

最後に1両毎に写真を撮っておきます。
拡大するとシートのドット柄がきれいに見えます。

1号車(2133:Muc)

a0234427_1132487.jpg


2号車(2134:T)

a0234427_11325137.jpg


3号車(2135:Tp)

a0234427_11335173.jpg


4号車(2136:Mu)

a0234427_11343038.jpg


パンタ回り

a0234427_11373459.jpg

a0234427_11374890.jpg


5号車(2137:(Ms)

a0234427_11351827.jpg


6号車(2138:T)

a0234427_11355548.jpg


7号車(2139:Tp)

a0234427_11362414.jpg


8号車(2140:Msc)

a0234427_1137227.jpg


これで終了です。
静岡トレインフェスタでロールアウトとなりましたが、特に問題点もなく順調に走行しました。

1年半も掛かってしまい申し訳ありませんでしたが、いろいろご助言頂きました
U-TRAINS様ありがとうございました。
無事完成となりました。
[PR]
# by takedon2000 | 2016-05-21 23:59 | 京急2100系製作

京急2100系の製作 その20(室内)

連続投稿です。

先月作っておいた椅子を号車別に袋に詰めてました。

a0234427_10343972.jpg


これを気合で座席取り付け板に固定しました。

a0234427_10345046.jpg


どこかの映画館??的なご指摘もありましたが、並べると凄い事になってますね。

a0234427_10353696.jpg


さて今回は228人の乗客と2人の女性乗務員に任務に就いていただくこととしました。

a0234427_10363784.jpg


まずは乗客の皆様に座って頂く事としました。
ん~映画館? 劇場? って感じですね。

a0234427_10374327.jpg


運転士の方にも着席願いました。

a0234427_10382729.jpg


車掌の方にも乗車いただきました。

a0234427_10395187.jpg


なお、幌が取り付けられてなかったのでエポキシで最後の接着作業となります。
あと、気づいた時点で色々色差しはしようと思ってます。

a0234427_1042343.jpg


おっと、銘板付けを忘れてました。

まずは実車を確認しまして、

a0234427_10425087.jpg


同じように貼り付けてみました。

a0234427_1043391.jpg


色差しが必要ですね。
[PR]
# by takedon2000 | 2016-05-01 10:45 | 京急2100系製作

京急2100系の製作 その19(DCC)

この2100系は、SEAMENS製トラクションコンテナ駆動ですので、しっかり
積み込まないといけませんね。
といっても、ESUのLOKSOUND V4.0ですがね。

このキットでのモーター車は4.5号車です。
床板には以前紹介したようにEN22用の大きな穴が開いてます。
走行安定性を取るなら断然EN22を積む事をお勧めしますが、今回は挑戦も兼ねて
LN12搭載としてます。

a0234427_8182145.jpg


モーターとデコーダーの搭載位置はこんな感じとなります。
モータ-が小さくなった事で床下に全部収まりそうです。

a0234427_8194444.jpg


実際に配線を済ませましたがギリギリですが積めそうです。
尚、今回の配線は、スイッチ式ではなく、カプラーでの組み替えとしてます。
色々な運転会で色々なコントローラーの使用が考えられますのでデコーダー保護として
DC運転の際は絶対にデコーダーに電気を流したくないので。。

a0234427_843411.jpg


と言っている相賀の問題が発生しました。
試運転兼ねてウエイトをつけながらジョイントの干渉チェックをした所、モーター軸を
下げた影響がもろに出ましたね。 当然といえば当然ですが....

よって、ウエイトの削りですがこれが結構大変です。
何せ柔らかいのでヤスリもすぐ目詰まりしますしリューターのビットも同じです。
悪戦苦闘すること1~2時間ウエイトの底を削り18m対応で全長を1.5ミリ程短縮
しました。
一回り小さくなったような?

a0234427_8271663.jpg


最後に室内側から以前作った蓋をすれば室内にはモーター・デコーダーは何も見えない
様になりました。

a0234427_8285960.jpg


M者のスピーカーは丸形を置くスペースがないのでシュガーキューブを車端に搭載します。
置くだけではなく床板に長方形の孔をあけスピーカーをはめ込んでます。

a0234427_8433680.jpg


ついでですが、灰色系の床下は少し間が抜けてしまいますので色差しをしてみました。

a0234427_832755.jpg


楽しくなったので全部やっちゃいました。

a0234427_8323557.jpg


さてこれで床下の準備は終わりました。
あとは、座席です。

a0234427_8333527.jpg


もう少しですね。
[PR]
# by takedon2000 | 2016-05-01 08:43 | 京急2100系製作

京急2100系の製作 その18(車体の仕上げ)

殆どのパーツが揃った所で組み立てに入ります。
ちなみにまだ、作成していないものは、幌・運転席の塗装、側面表示灯(点灯回路)ぐらいでしょうか

まずは、窓セルの貼り付けです。
これは全ての窓パーツが同梱されているのでとても親切ですね。
接着はゴム系で行っております。

a0234427_730577.jpg


私はこのゴム系接着剤の取り扱いが上手くないので2,3時間かかってしまいましたが無事終了。
といっても、多分どこかに細かい糸引きがあるんだろうなぁ。

a0234427_7314937.jpg


次に説明書通りライト部分の仕上げです。
前照灯・尾灯の仕切り部品を黒で塗装後、ライトレンジのクリアーオレンジ・レッドを色指ししました。
ちなみにこのクリアーは大学生の頃から使っております。(大瓶ですよ)

a0234427_7325555.jpg


ついでに全面窓上の特急識別灯と行先表示も組み立てます。

a0234427_7332083.jpg


次は運転台ですが、濃いめのグレーで塗装後、面相筆で色刺ししてみました。

a0234427_7333491.jpg


これら全部組み立ててみました。

a0234427_7335542.jpg


次にライトユニット(これも同梱です。 至れり尽くせり!)
なっなんと合いません。

a0234427_7342538.jpg


色々な部分寸法を測ったのですが、どうにもならない+時間がもったいないので
基盤を一度2分割して再配線して使いました。

a0234427_734415.jpg


上に見えるのはDCCのファンクションデコーダーです。
さらにこのデコーダーに全ての配線をします。

a0234427_7345671.jpg


話は前後しますが、この段階で室内灯+側面行先表示灯も同時に仕込んいきます。

a0234427_7353495.jpg


側面表示灯は今回もすべて自作で作りました。

a0234427_736474.jpg


下の方が、側面表示灯の部品です。
まずは、発光部分です。
チップLEDの2×3ぐらいのものを用意します。

a0234427_7362775.jpg


次にアクリル角棒□2㎜を適当な大きさに切りだします。

a0234427_7364070.jpg


この角棒にLEDをエポキシ接着剤で接着します。

a0234427_741553.jpg


次に発光部分のみマスキングしてシルバーで塗装します。

a0234427_7412684.jpg


次に四角い基盤(側面表示灯用のチップ抵付)を室内灯の裏にセットします。

a0234427_741565.jpg


最後に室内灯の基盤を事前に半田付けしておいたM1.4の取り付け部にねじ止めします。
最後に全ての配線を行います。

a0234427_7421168.jpg


難しいですね。
私の室内灯の基盤は、少し特殊で上下で+-ではなく上中下で、一番下が”+”、
まんなかが抵抗を設置する為の部分です。一番上が”=”ですね。
よって、側面表示灯は。下側”赤い配線+”、上側”白い配線 -”で電気を受けてます。

全体を写真で撮ってみました。

a0234427_742448.jpg


次に床板と車体の接点は、椅子の取り付け板の裏側で完結するようにしました。

a0234427_7431024.jpg


今回はここまで。
次は、M車の仕立てですが、DCCの組み込みです。
GW前半にはUPします。
[PR]
# by takedon2000 | 2016-04-26 23:39 | 京急2100系製作