鉄道模型工作日記


by takedon2000

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
C53再生プロジェクト
京急2100系製作
東武50070系製作
営団6000系製作
模型の収納
トワイライト入場
もみじ色
コンテナ関係
DCCの話
新車の整備(機関車編)
その他
マニ44(モデルアイコン)制作
C51燕牽引機制作
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

鉄ヲタのパパの部屋!!
鉄道模型を楽しむページ
急行越前の鉄の話
スハの会運転会ブログ

最新の記事

C51の制作 その7-1
at 2017-11-18 21:02
C51の制作 その7
at 2017-11-14 22:48
C51の制作 その6
at 2017-10-15 10:40
C51の制作 その5 (空制..
at 2017-09-12 00:10
C51の制作 その4
at 2017-09-03 18:07

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧

京急2100系の製作 その15(床板、台車塗装)

さて、やっと床板の塗装まで来ましたがこの車両はずっと色を塗っている気がしてきてます。

まずは床板をねずみ1号と灰色9号の中間色で塗装します。

a0234427_22473451.jpg


次に社内側をMr.Color  No,45で塗装します。

a0234427_22474620.jpg


ついでに座席取り付け板も同じ色で塗装しました。

再度裏側のヨーダンパー部をマスキング塗装します。

台車の色は灰色8号で良いのですが、少し暗いかと思い調色しました。
これは好みですので...

一応レシピは
  Mr.Color No,338 ライトグレーFS36495 10ml
  ガイヤノーツ EX-01  ピュアホワイト      5ml
  Mr.Color No,68  モンザレッド       1滴(気持ちです)

ヨーダンパーの部分と配管部をマスキングします。

a0234427_22481612.jpg


凹凸が多いので塗装も一苦労です。

a0234427_22482570.jpg


台車もヨ-ダンパーと同じ色で塗ります。
よって、いつもの如く車輪のマスキングです。

a0234427_2250367.jpg


最近この作業が楽になったような気がしてきました。

a0234427_22504236.jpg


最後の台車をくみ上げて床下ききを残して終了。

a0234427_22525035.jpg


床下機器は同じ色で塗装か少しだけねずみ1号か灰色を入れてアクセント付
けようかと思います。

以上
[PR]
# by takedon2000 | 2016-02-25 22:52 | 京急2100系製作

京急2100系の製作 その14(クーラー仕上げ)

今回は屋根上のクーラーを仕上げていきます。
以前の記事で途中まで組み立ててストップさせておりました。

a0234427_23443142.jpg


はんだ付けを完成させなかったのはファンの色とクーラー本体の色を
微妙に変えたかったためです。

まず両端の半田ポイントをマスキングします。

a0234427_2344494.jpg


この状態でファンの部分をガイヤノーツ ダークステンレスシルバー(No,1002)
で塗装します。

a0234427_23452020.jpg


こんな状態にしておきます。

a0234427_23453016.jpg


その後、以前作っておいた治具を用いクーラー本体にファンをはんだ付けします。

a0234427_23591017.jpg


押し付ければセンタリングされるのとスポンジでクーラーへの押さえつけができます。

a0234427_23464795.jpg


まず初めにベースのライトステンレスシルバー(No,1001)を塗装します。

a0234427_23593555.jpg


次は、2100系用の専用クーラーの特徴である前後のカバーをFRP色っぽく
塗装します。
これすいません、調色レシピ作り忘れました。
ただ、マッハ模型のNo,97(ケープアイボリー)と灰色9号の混ぜ物です。
多少、ねずみ1号を混ぜると汚れ感の出た実車色になりますが、今回の車両は
新生時を目指してますのでねずみ1号は加えてません。

a0234427_0058.jpg


こんなイメージです。

a0234427_002658.jpg


最後に前後をマスキングしまして、再度ライトステンレスシルバーを塗装します。

a0234427_00514.jpg


これで完成です。

a0234427_01077.jpg


結果的によくわからなかったですがクーラー内の遠近感が少し出たかなっという感じです。
完全な自己満足ですね。

a0234427_011454.jpg


この先塗装が続きます。
次は床板、台車、車輪の塗装です。
[PR]
# by takedon2000 | 2016-02-09 00:02 | 京急2100系製作

京急2100系の製作 その13(SIEMENS)

車体塗装が昨年末一段落しましたので改造系のネタです。

今回の車両も今までの営団6000系、東武50070系同様にDCC仕様と
するのですが、熊田貿易さんよりSIEMENS用のサウンドデコーダーが発売されて
ますのでこれを取り付けることとします。

まずはSIEMENS製のGTO素子によるインバーターを組み込むため、床下を
加工します。 (なんか書き方が変ですね。 ただ単にスピーカー用の穴を
明けてるだけなのに)

a0234427_2393951.jpg


この黒いのはΦ23用のバッフルです。LOK SOUNDの純正と同等品です。

高さもちょうど収まりました。

a0234427_23123059.jpg


一応先頭車に組み込んでみましたが、とりあえず何とかなりそうです。
バッフルと床下危機はM1.4ネジ止めとしてますが、音の割れ等が発生した場合は
接着しようと考えてます。

a0234427_23143398.jpg


また、中間車4,5号車にもスピーカを仕込みます。
こちらは、Ⅿ車なのでトラクションコンテナ部分がEN22に占拠されてますので
熊田で売っているシュガーキューブを車端に床板に四角い穴をあけてセットします。
これで目立たなくなると思うのですが、如何程か?

a0234427_23182587.jpg


順次組み立て開始ですが、現在側面の行き先方向幕をどのように光らせるか
指南中です。 
[PR]
# by takedon2000 | 2016-01-26 23:20 | 京急2100系製作

謹賀新年 2016

あけましておめでとうございます。

a0234427_10502322.jpg


今年も宜しくお願いいたします。

今年去りゆく列車に敬意を込めて
[PR]
# by takedon2000 | 2016-01-01 10:51 | その他

•京急2100系の製作 その12(塗装2)

今回は屋根の塗装です。

前回の記事の最後にも書きましたが、屋根の塗り分けラインは段付きの部分ではなく
屋根Rエンドですので普通のマスキングテープではしわになってしまいます。

よって、私の場合は幅0.7ミリのマスキングテープにて塗り分けラインをまずマスキング
しております。

a0234427_2015512.jpg


しっかりとしごいて、しわの出ないように貼り付けます。
この部分はタミヤの曲線部分に使えるマスキングテープも考えましたが、逆に直線が
出しずらいので使ってません。

a0234427_20164543.jpg


次に同様の2ミリのラインマスキングテープでマスキングします。

a0234427_20172982.jpg


ここまでできればあとはグルグル巻きに

a0234427_2018254.jpg


まずはパンタ車の2両です。
先程の0.7ミリのマスキングテープで配管部分の難しいマスキングもなんとも簡単に
できてしまいました。

a0234427_20195458.jpg


但し、妻面に吹き込まないように妻面側からのみエアブラシをあてました。
それも塗面に付着したら少しでも早く乾くようにエアブラシは遠目から狙ってみました。
そのほかの車両はいたって簡単ですね。
ちなみに屋根色はマッハの灰色8号です。 
新生時の写真見ますとねずみ1号では濃すぎます。

a0234427_20235890.jpg


次は、配管類の塗装ですが、私の場合は屋根配管は全て先に半田固定してしまいますので
マスキングが一苦労です。
細く切ったマスキングテープと格闘しました。
30分で1両の半分です。

a0234427_20265468.jpg


2時間かけて2両分完成です。

a0234427_20275832.jpg


配管の塗装はガイヤノーツの灰色9号です。
いつもつ使い慣れたがいやは仕事がはかどります。

a0234427_2029014.jpg


次は配管止めです。
こちらは同色でもいいのでしょうが、配管抑えが錆て来ている部分もアクセントと
なるので、ねずみ1号に近い色で色差しします。
面相筆の扱いが上手ければいいのですがあまり自信がないので配管抑えの両側を
マスキングします。
また、ねずみ1号に近い色と書いたのは、色入れに失敗しても良いようにこの部分は
タミヤのアクリルカラーを使ってます。
よって数種類あるグレーを調合してそれらしい色にしてます。
写真では分かりずらいですかね。

a0234427_20331783.jpg


マスキングをはがして完成です。

a0234427_20355079.jpg



2015年はこれで終了とします。
結局1年で完成には至りませんでしたが懲りすぎと暇無しが原因ですね。
来年早い段階の完成を目指します。

2016年ネタはD51 1151にしようかと思いましたが今考え中で
古代漆をまとった車両のお友達にしようかと思いってます。
ただ、キット自体が本州では手に入らないらしく(在庫切れ)悩み中です。

今年もあと1日ですが皆様も工作頑張ってください。

                         工房 たけどん
[PR]
# by takedon2000 | 2015-12-30 20:45 | 京急2100系製作