人気ブログランキング | 話題のタグを見る


鉄道模型工作日記


by takedon2000

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
はやとの風作成
C58 1再生プロジェクト
185系リニューアル
燕 客車を作る
C51燕牽引機制作
C53再生プロジェクト
京急2100系製作
東武50070系製作
営団6000系製作
模型の収納
トワイライト入場
もみじ色
DCCの話
コンテナ関係
新車の整備(機関車編)
その他
マニ44(モデルアイコン)制作
未分類

以前の記事

2021年 07月
2020年 01月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

鉄ヲタのパパの部屋!!
鉄道模型を楽しむページ
急行越前の鉄の話
スハの会運転会ブログ

最新の記事

京急 快特12連に向けて
at 2021-07-31 11:43
はやとの風制作記 その4 塗装
at 2020-01-22 23:18
はやとの風制作記 その3
at 2019-11-06 23:03
はやとの風制作記 その2
at 2019-10-19 16:10
はやとの風制作記 その1
at 2019-10-14 23:10

外部リンク

検索

その他のジャンル

画像一覧

京急 快特12連に向けて

長年温めてきた企画、京急2100系+新1000系の12連に向けて、U-TRAINSのキットを購入するも
肝心のPT-7117(避雷器付き)が、どこからも出ていないので、やむなく作る事としました。
新1000系でも、アルミ車とステン車では避雷器の形が違うため、データーは2種類作ました。

京急 快特12連に向けて_a0234427_11411910.jpg

これを3Dプリンターで出力し(Sさん ありがとうございました)てみました。
出来は100点ではありませんが雰囲気は出ておりますね。

京急 快特12連に向けて_a0234427_11324160.jpg

車両は作りませんが縦型も同時に作ってみました。

京急 快特12連に向けて_a0234427_11325421.jpg


実際にパンタに取り付けてみた所、かなりいい出来となりましたので新1000系を作るめどが立ちました。

京急 快特12連に向けて_a0234427_11332573.jpg

因みにパンタはIMON製PT71のすり板部分を艶消しの黒で塗ってあります。



# by takedon2000 | 2021-07-31 11:43 | その他

はやとの風制作記 その4 塗装


2~3か月放置しましたが、年末にかけて立て続けのイベントで
対応しきれてなかったですね。

今回は塗装です。
暇人な塗装なのであまり参考にされないほうが良いかもしれません。

私の場合内外の塗り分けます。
まずは室内を塗装する為、外側から窓をすべて目張りします。
ちなみにこの時点でプライマーは内外塗装済みです。

はやとの風制作記 その4 塗装_a0234427_23002235.jpg
はやとの風制作記 その4 塗装_a0234427_23001355.jpg
写真を撮り忘れてしまったのですが、室内は3色(天井の白、側面のデザートイエロー、運転室の
緑を薄い色の順に塗装します。

はやとの風制作記 その4 塗装_a0234427_23002791.jpg
十分乾燥後に今度は内側からすべて目張りします。

はやとの風制作記 その4 塗装_a0234427_23004988.jpg
今回の黒は、ガイヤノーツのEX-02の黒を普段よりシンナー多めで希釈(2:1)して
5層ぐらい塗装してみました。
少しは艶出ましたかね。

はやとの風制作記 その4 塗装_a0234427_23005363.jpg
はやとの風制作記 その4 塗装_a0234427_23005878.jpg
マスキングをはがすとこんな感じです。

はやとの風制作記 その4 塗装_a0234427_23011068.jpg
1枚デカール貼ってみました。

はやとの風制作記 その4 塗装_a0234427_23011678.jpg
さて最後は屋根上塗装ですが、今回もスエード調塗料を使ってみました。

はやとの風制作記 その4 塗装_a0234427_23012896.jpg
はやとの風制作記 その4 塗装_a0234427_23013492.jpg
軽くふいただけでデカデカになっちゃいました。
ほどほどにしないとでこぼこの屋根になっちゃいますので注意が必要です。
軽く一吹きで良いでしょう。

最後にねずみを吹けば終了です。

はやとの風制作記 その4 塗装_a0234427_23013876.jpg
乾いた後はデカール貼り大会です。

はやとの風制作記 その4 塗装_a0234427_23015324.jpg
これで車体は出来上がりです。

はやとの風制作記 その4 塗装_a0234427_23014258.jpg








# by takedon2000 | 2020-01-22 23:18 | はやとの風作成

はやとの風制作記 その3

少しUPさぼってました。

今回は床下の制作です。

我が家仕様は2両編成の場合、1両の方軸駆動としております。
ちなみに今回は13ミリで制作をしております。

はやとの風制作記 その3_a0234427_22483875.jpg
さて床下機器はすでに絶版となっておりますエンドウの片軸仕様をベースにUトレさんの更新エンジン
のパーツを組み合わせて構成してます。  あと、故同社工房様のSA6Dエンジンも使いました。

はやとの風制作記 その3_a0234427_22450010.jpg
写真の車両はT車の床板配置です。

はやとの風制作記 その3_a0234427_22445593.jpg
燃料タンクとブロアーの隙間は冷房用の熱交換器が入るのですが部品が無いのでプラ版で制作して
みました。

はやとの風制作記 その3_a0234427_22450546.jpg
はやとの風制作記 その3_a0234427_22451249.jpg

見よう見まねで写真から作ってみましたが似ても似付かない物が出来上がりました。

はやとの風制作記 その3_a0234427_22451071.jpg
何回か縦横比を修正しましてそれなりの形としております。

はやとの風制作記 その3_a0234427_22453734.jpg
仮付けした状態でもギリそれらしいのでこれで完了です。

はやとの風制作記 その3_a0234427_22453581.jpg
今回床下は全体的に奥行きを出してみたのですがいかがでしょうか。

はやとの風制作記 その3_a0234427_22452488.jpg
M車はまず台車の首振りを考慮してからエンジン位置等を割り出してます。
ちなみに上に移っているのは以前作成したいさしんです。
はやとの風制作記 その3_a0234427_22452124.jpg
この位置関係でギリユニばーさうユニバーサルジョイントが当たらないです。

はやとの風制作記 その3_a0234427_23003558.jpg
床下はイメージ通りとなりました。

はやとの風制作記 その3_a0234427_22453122.jpg







# by takedon2000 | 2019-11-06 23:03 | はやとの風作成

はやとの風制作記 その2

車体制作の続きです。

このキットは至れり尽くせりですね、キハ40の側面ステップもロスト部品が
付属しますし、取り付け部分もエッチングで彫られてますので簡単にできますね。


はやとの風制作記 その2_a0234427_16010914.jpg
キハ40の水タンク部分の合いも申し分ないでしょうか。

はやとの風制作記 その2_a0234427_16010091.jpg
ただちょっと面倒は側面のプレストお面のロストの部分の合い分割位置がエッチゴムの
間ですので仕上げが面倒ですね。

はやとの風制作記 その2_a0234427_16004405.jpg
まあ、頑張って削ればいいだけですが。

はやとの風制作記 その2_a0234427_16005466.jpg
アングル取り付けですが、この手の車体裾を絞っている車は、車体裾に合わせて内側に
曲がってしまいますので私は、カツミ製のアングル取り付け治具を使用しております。

はやとの風制作記 その2_a0234427_16004835.jpg
ていう事で特記するところもなく車体は組みあがりました。

はやとの風制作記 その2_a0234427_16011437.jpg
次は、床下ですね。





# by takedon2000 | 2019-10-19 16:10 | はやとの風作成

はやとの風制作記 その1

今回からは志向を変えまして、以前に作成した いさぶろう・しんぺい の兄弟分の はやとの風 を
作成していこうと思います。

いさぶろう・しんぺいを作成した時はフジモデルのキットから作成しましたので同じ手法で
作成しようと考えておりました所、ホビーメイト オカ様よりキットが出るとの情報を頂きました
ので今回はそちらのキットにて進める事としました。

本キットをご購入された方は、片手間でも見て頂ければと思います。

まず時代設定ですが、どちらも2両編成で運行されていた頃2007~8年程度としました。
よって、はやとの風 の編成はキハ140 2066+キハ147 1045という設定としました。

さて、このキットはフジモデル製と違い基本追加購入しなくてもほとんどのロストパーツが
入っておりました。 これは楽でいいですね。

はやとの風制作記 その1_a0234427_22340964.jpg
ただ、いきなり???が飛び出しました。

はやとの風制作記 その1_a0234427_22341709.jpg
キハ147 1045の妻面が何やらにぎやかです。配管は屋根から降りてないはずです。
たぶんいぶたま用のキハ47 8060用が入ってしまってるのか妻板は共用なのか???


はやとの風制作記 その1_a0234427_22391760.jpg


はやとの風制作記 その1_a0234427_22462156.jpg
この程度で交換依頼すのは面倒ですので、早速埋めてしまいましょう。

はやとの風制作記 その1_a0234427_22343305.jpg
では車体組付けの方に移行します。
はやとの風 は、観光列車の意味合いが強く車体中央にパノラマウィンドウがありますので
ここを曲がらずに半田しないと後悔するでしょう。

はやとの風制作記 その1_a0234427_22343869.jpg
鉗子まで使ったずれないようにしています。

はやとの風制作記 その1_a0234427_22344469.jpg
ちょっと面倒ですね。
次は、このキットの全面はロストでしたので、脱脂後、表面を#400程度の紙やすりで
慣らしておき、手摺類を半田付けする為、仮固定しました。

やはり、手摺の高さはエコーの厚紙分が一番ですので、厚紙を切り刻んで手摺を仮固定しました。

はやとの風制作記 その1_a0234427_22344902.jpg
なんだかよくわからない状態です。

はやとの風制作記 その1_a0234427_22345440.jpg

裏面はこんな感じなので、まずはロストをコテである程度暖めた後に半田付けしました。
ロストは、なかなか温まらないので事前に半田小手を充てて温めておくと良いですね。

さて、車体をくみ上げる準備はできましたが本日は時間切れですのでここまでとします。

はやとの風制作記 その1_a0234427_22350401.jpg
車体はそれほど難しいものではありませんので次回イ一気に組み上げます。
























# by takedon2000 | 2019-10-14 23:10 | はやとの風作成